家賃

賃貸物件の部屋自体がほかの部屋と同じようなものであれば同じものであるほど、家賃というのは安くなります。

安くなるとはいっても、名古屋の平均家賃と同じぐらいなものですが、「デザイナーズマンション」にしてしまうと、名古屋の平均家賃よりかは少し高めの設定で住むことになります。

というのも、デザインしてもらっている家になりますから、その文その部屋1室にコストがかかっていることになります。

ですから、そのコスト分をオーナーも回収しなくてはいけませんから、ちょっと高めの設定にしているのですね。

また、1口に「デザイナーズマンション」とはいっても、デザイナーは数多くいます。

そして、デザイナーすべての人が同じはそうかといえばそんなこともなく、もっているコンセプトであったりだとかこだわりは十人十色になります。

そのため、「デザイナーズマンション」は当たり外れが大きく出てしまうものでもあります。

どうしても部屋というのは1回観覧しただけではわからないような部分もありますから、じっくりと住みやすいかどうかということを考えながら、借りるか借りないかということを「デザイナーズマンション」の場合は特に考えていかなくてはいけません。

スタイリッシュであるがゆえに、使い勝手が悪くなってしまうのを我慢できるのであればいいのですが、そうでない場合の方が多いので、やっぱり普通の部屋にすればよかったという結果になってしまうことも少なくないのですね。