都心

「デザイナーズマンション」というのは昔は名古屋でも、結構都心に多かったといわれています。

しかも、都心の中心部に「デザイナーズマンション」がよく建てられていたといわれています。

しかし、最近では、都心だけではなく、名古屋の地方でも「デザイナーズマンション」が作られるようになってきました。

「デザイナーズマンション」というんは建築家が、あるコンセプトを持って、作り出した独特なマンションになります。

独特とはいっても、派手であったりだとか、使い勝手が悪いように作られていたりだとか、おういったことではなく、遊び心であったりだとか、空間を作ることによるゆとりなどといったように、使いやすさと一緒にデザインも追及したものになります。

そのため、ほとんどの「デザイナーズマンション」ではほかの普通の家よりもより一層使い勝手がいい、ということも少なくありません。

しかし、しっかりと調べておかなくてはいけないのは、いくら「デザイナーズマンション」だといっても、こうしてほしくなかったというような作り方をされてしまっていることもあります。

例えばおしゃれなんだけれども、トイレとお風呂の空間が一緒になっていたりだとか、階段が多くつかわれすぎていたりだとか、そういったことが使いにくさとして表面に合われてきてしまうことも少なくありませんから、気を付けなくてはいけません。

地震が多い日本ですが、耐久制度についてはさほど違いはないようです。